2002年02月05日

如月

きさらぎ賞は2月、弥生賞は3月。
でも皐月賞はほとんどの場合4月に行われる。
第1回皐月賞は1939年4月29日。
ただ、この時は「横浜農林省賞典四歳呼馬」とかいう名前だったらしい。
皐月賞という名前になったのは第9回の1949年5月3日。
ちなみにこの時から中山で行われるようになった。
しかし第12回から既に「皐月」ではなく「卯月」に行われる事が多くなり、以来皐月賞は4月実施という、競馬界の七不思議の一つが誕生する事になった。
それにしてもレース名って安易な命名の仕方をするよな。
大体フェブラリーSときさらぎ賞って、意味同じじゃんか。
もっとおかしいのはさ、府中の中山金杯。
まあ中山金杯という名前を変えたくない気持ちはわかるよ。
ならばなぜ、中山新春ジャンプステークスは府中新春ジャンプステークスになっちゃうワケ?
わけわかんない。
そういえば秋の府中牝馬Sはどうなるんだろう?

週中はあまり競馬の事を考えない方が好結果になるようなので、火・水・木曜日はなるべく競馬以外の事について書こうと思ってはいるのだが、こうして書き込んで見たらやっぱり競馬の事だった...
posted by tanichi at 20:15| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。