2002年02月06日

リスクマネジメント

そういえば今年は、と言うより今冬は雪らしい雪を見ていない。
一度降ったような気もするが、積もっていないので、印象に残っていない。
首都圏は雪に弱い。
ほんの2、3センチ積もれば、交通機関はマヒする。
でも実はそれはそれで良い事なのだと思う。
もちろん緊急の病人が出たら、良い事などと言ってる場合では無いのだが、でもね、世の中には不便な場所に住んでいる人は結構沢山いるのだよ。
例えば最寄駅からクルマで40分、山道を登ってようやく見えた一軒家に住んでいる、運転免許を持たない老夫婦。
週3回の病院通いは、これだけで完全に1日がつぶれる。
朝と夕方2回しか通らないバスに乗って駅前の病院に通うのだ。
例えば小学校と中学校しかない島に住んでいる、テレビゲームを知らない子供達。
欲しい物が簡単に手に入らない事が普通である彼らは、毎日、想像力だけで遊ぶ方法を知っている。
そういう人達は、緊急事態に対しての予防対策、つまりリスクマネジメントについて考えることが、日常的になっている。
今、自分に何かがあった場合、どう対処すればを常に考えながら行動している。
首都圏の人間にはそれがない。
何でも簡単に手に入り、何処にでも手軽に行けるような場所に住んでいると、その生活が色々なものの上に構築されたガラスの城なのだと言う事を忘れてしまうのだろう。
だから雪が降り、交通機関が止まったぐらいで、パニック状態になるワケ。
そういう意味でも、首都圏はね、年一、二回マヒしちゃった方が良いのよ。
今年も一回ぐらいドカッと雪降らねえかなあ。
もちろん平日にね。
posted by tanichi at 17:29| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。