2002年03月15日

フラワーカップ

後藤騎手は意外に重賞に弱い。
例えば彼は現在460勝している騎手だが、中央のGTは勝った事がないし、重賞勝利数も11勝である。
246勝の武幸四郎は重賞10勝。
550勝の角田騎手は重賞27勝である。
これを重賞勝利数÷勝利数で、パーセンテージに直すと後藤騎手は2.39%。
武幸四郎は4.07%。
角田騎手4.91%。
つまり角田騎手の半分以下の重賞割合という事だ。
これが今年、大きく変わるのではないか、というのが俺の読みだ。
彼は今年、重賞勝利後のインタビューでハチマキを巻いたり、アブトロニック付けてみたりして笑いを獲っている。
これは、実は大リーグの新庄と同じパターンではないか、という気がするのだ。
自分自身を、多くの人間に注目させる事によって、自分自身を大きくみせる技術。
これは今のスポーツマン、特にアメリカ人などに多く見られる技法である。
この日記でも後藤狙いは多い。
しばらく意識して狙ってみるか。
と言う事で、明日のフラワーカップはマイネミモーゼ単勝一点勝負。
posted by tanichi at 19:02| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。