2003年05月12日

NHKマイルカップ回顧

前走毎日杯組に目をつけたトコまでは良かったのだが、ウインクリューガーの方だったか。
タイキシャトル産駒の優勝には素直に喜びたい。
ただ、先行組が楽に走ってそのまま残るというGTらしくないレースだった。
ユートピアがウインクリューガーの位置にいれば勝てたレースだと思う。
2着にはエイシンツルギザン。
こちらはNZTの勝ち馬が連対した。
マル外ダービーといわれたこのレース、外国産はもはや掲示板にものらなくなってしまった。
馬の世界でも日本の円の力は通用しなくなってきたと言う事か。
とは言えこのタイムでは能力を出しきっていない馬は多いはず。
着順を鵜呑みにしない方がよさそうだ。
posted by tanichi at 17:09| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。